HOME>各市区町村情報>猫を飼っている人に朗報

暮らしに役立つ便利な区民サービスをご紹介

毎日の散歩が要らず、室内でも飼いやすいことから、近年では犬よりも猫をペットに選ばれるご家庭が増えています。飼い主にとっては大切な家族の一員ですが、キチンと飼うためにも去勢などをしておくことが大切です。そして、板橋区では猫の去勢、および不妊手術に対する助成金が用意されているので、飼い猫の手術を行った区民の方は申請してみると良いでしょう。申請できるのは板橋区内に住んでいる人であり、自分の猫のほか、区民が管理していれば、その猫も対象となっています。助成される金額は、去勢手術の場合は1匹に対して2,000円、不妊手術の場合は1匹に対して4,000円です。ただし1年度中に申請できるのは1世帯につき30匹が限度で、手術料金が上限金額となります。申請は手術を完了した後に行いますが、施術日から数えて6カ月間が期限ですので、それまでに手続きを済ませましょう。必要書類は区が用意している申請書と、手術完了届兼口座振替依頼書、そして、飼い猫などの去勢もしくは不妊手術を行った動物病院の領収書です。そのほか、手続きには朱肉を使う印鑑が必要ですから、振込先口座が確認できる通帳などと併せて持参しましょう。申請窓口は板橋区保健所生活衛生課をはじめ、各健康福祉センター、ならびに各区民事務所などです。また、区内の動物病院で手術した際はもちろん、区外で手術した場合でも申請できます。

新着記事リスト